かいたり とったり つくったり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
個展のお知らせ
お久しぶりです。2014年のもう12月ですね。。。。
去年から一度も更新せずにいたけれど、、久しぶりすぎのブログです。。。気づいたら来月は2015年ですね。。

去年ぶりのブログですが、個展のお知らせです!



========================================

"友野可奈子展” 
あるいてうってちょっとけって

12月20日(土)〜2015年1月11日(日)
万年橋パークビル at hachikai
(〒 430-0944 浜松市中区田町327-19)

水曜日休み

12月20日 オープニングイベント 
⚫︎17:00〜18:30トークイベント 「相伴の座談会」at 黒板とキッチン
 ゲスト 青木明子(鴨江アートセンター)
     大澤郎 (BASE.lab)
     大東翼 (株式会社 大と小とレフ)
     中村陽一 (BOOKS AND PRINTS)
     水谷供子 (浜松市役所産業振興課)
 司会ー鈴木一郎太 (株式会社大と小とレフ)


⚫︎18:30〜 ギャラリートーク at hachikai
 友野可奈子 × 桑田亜由子(デザイナー)

(協力)
田町東部繁栄会/鴨江アートセンター/BASE/BOOKS AND PRINTS/手打ち蕎麦naru/田町パークビル株式会社/株式会社 大と小とレフ


================================

よく普段はどこにいるんですか?とか、何してるんですか?など聞かれるのですが、その度に、「万年橋パークビルという駐車場でバイトしていて、でも駐車場の業務は何もしていなくて・・・・」などと答えているのですが、万年橋パークビルという駐車場は、ただの9階建ての立体駐車場とは違って、オーナーが面白くてといえば、それまでなのですが、8階は車の駐車は禁止して、hachikaiというフリースペースになってたり、能舞台があったり、劇団が稽古をしていたり、1階には黒板とキッチンというセミナールームがあったり・・・など、一般的な駐車場とは又違う駐車場であることに間違いはない。そんな駐車場で私は3年以上バイトをしています。

それで、そんな変わった駐車場に2013年 「囲炉裏のある部屋を作ろう」ということになり、水窪というとなりは長野県という浜松の一番はしっこにある場所へ行き、囲炉裏のある家を解体し、hachikaiへ移築するというプロジェクトに私は記録係として絵日記を書きながら参加していました。今ではhacnikaiに囲炉裏の部屋がドーンとあって、トークイベントや、雑貨市、談話、鍋・・・など、緩やかに様々な人に利用されています。

そのその派生として展示を行うことになっていたのですが、やっと、1年経って、やっと展示を行うことになりました。

作品展示と絵日記の展示を行います。

絵日記は本として形に残すことになり、DMを製作してくれたデザイナーの桑田亜由子さんが協力してくれることになりました。
浜松を拠点に東や西へ行ったり来たりしていているのでいつも多忙なイメージだけれど、私の近くで頼めるデザイナーさんといえば、桑田さんがいつもひょこり顔をだします。今回も巻き込んだような形ですが、とてもとても頼りにしています。ありがとう。。涙。おかげに一緒にトークイベントまで参加してくれて、嬉しい限りです。(漫談になるのでは。。という声をチラホラききますが、どうなるのやら)

そして、私がバイトをしている万年橋パークビルのあるエリア?は田町東部繁栄会という商店街になるのですが、今回この田町東部繁栄会のみなさんの協力のもとで行われる展示です。
展示まで今日を含めて20日ですが、そんな商店街のみなさんにも見ていただけるような展示になるよう身を引き締めて頑張ろうと思っております。



 
展示 comments(0) trackbacks(0)
『OPEN ART CLASS VOL.4 2013 わたしたちの美術室』

毎年夏に地元浜松で行っているグループ展(今年はみんな学芸高校出身者)に参加します。

初年度から関わっている先輩たちによると、例年クオリティが上がっているとのこと。
それぞれ毎日違う環境と生活の中で美術の制作活動を思い思いに続けていることに意味があるのかな と思います。

自分もその中の1人ということで  。

==========================


『OPEN ART CLASS VOL.4 2013 わたしたちの美術室』

会期:8月14日(水)〜18日(日)
時間;11:00〜18:00 ※最終日は17:00まで
会場:クリエート浜松3階ギャラリー 32・33・34(入場無料)

本展覧会は、浜松に縁がある20代中心の作家による「OPEN ART CLASS」展の第4回目の展覧会です。
今年のテーマは「わたしたちの美術室」、人が集まり、美術や表現について考え、思いを伝え合うことのできる場所を作ります。油彩画、日本画、イラスト、木版画など、およそ100点の作品を展示いたします。
ぜひわたしたちの美術室へ遊びに来て下さい。

展示作者:
安間史織、伊藤実枝子、大石晃裕、太田夏希、岡野かおり、鈴木佑佳子、諏訪希望、武田歩、谷口恵子、友野可奈子、中村菜月、彦坂有紀

会期中イベント:OPEN ART CLASS のオブジェを写真を撮ろう!
写真を撮ってtwitterやFacebookにupして頂いた方に、シルクスクリーンで一枚一枚手刷りで仕上げた「特製ミニてぬぐい」をプレゼント!


主催:OPEN ART CLASS
DM : art work 鈴木佑佳子 design もりといずみ(彦坂木版工房)


OPEN ART CLASS の新しいHPはこちらから

http://openartclass.tumblr.com/
 
展示 comments(2) trackbacks(0)
This is cafe さんにて絵を飾らせて頂いています
 こんにちは。

5月3日の今日はポカポカとした気温と白みがかった空が、私の眠さに拍車をかけてきます。

さてさて、急なことですが、現在静岡県牧ノ原市にあるTHIS IS CAFE牧ノ原本店というカフェにて絵を1ヶ月間飾らせて頂いています。

【住所】静岡県牧之原市細江2151−5
【時間】11:00〜
23:00
【定休】木曜

ネットで画像検索にかけるとおしゃれいな店内をみることができます。



ここで展示させてもらうに至った経緯とか、ストーリーがあるのですが、
反省会みたいになってしまうので、やめておきます。ひっ!

しかし3つだけここにメモ

●もたつかずに、テキパキ展示するためには場数をこなすこと
●もたついてもいいけど人前で見せない
●やる気をだす


ということで、私はゲンキです!のようなそんな感じで お近くをお寄りの際はお立ち寄りください。
展示 comments(0) trackbacks(0)
展示のお知らせ
8月15日(水)〜19日(日)まで、クリエイト浜松という場所でグループ展に私も作品を数点出品しました。

女子が多いせいかすっきりさわやかな展示空間になってます。

19日にスモールトークという作者と対話できる企画に私も参加することになりました。
何を話すのか私も分かってないけど、もし聞きたい方がいらしたらばおこしくださいー。



イラストレーション提供:彦坂有紀  デザイン:大石晃裕


展覧会「OPEN ART CLASS展 vol.3 2012 しあわせのかたち」を開催いたします。

しあわせのかたち、それは人の数だけある。美味しいものを食べること、好きな人と過ごすこと、体を動かすこと、旅行すること、歌うこと。それら無数のしあわせの中から作者たちは「作品をつくるしあわせ」を選び、今も何かをつくり続けている。本展覧会の展示作品は、作者それぞれの“しあわせのかたち”である。しかし、その“しあわせのかたち”が甘いものなのか苦いものなのか、まだ誰にも分からない。 展示作品や作者との出会いを通して、それぞれの”しあわせのかたち“を感じてほしい。

期間:2012年 8月15日(水) – 19日(日)(入場無料)
時刻:11:00-18:00  最終日は17:00迄
主催:OPEN ART CLASS 
助成:(公財)浜松市文化振興財団
参加作者:安間史織 大石晃裕 岡野かおり 鈴木佑佳子 鈴木雅子 鈴木眞帆 諏訪希望 武田歩 谷口恵子 友野可奈子 彦坂有紀 望月開南子
会場クリエート浜松3階ギャラリー32・33・34、 会場地図(google map)
作者居場日程
15日・安間史織 友野可奈子 
16日・大石晃裕 鈴木佑佳子 
17日・彦坂有紀 鈴木佑佳子 
18日・彦坂有紀 鈴木眞帆 
19日・武田歩 岡野かおり 

アートイベント:スモールトーク

浜松ゆかりの7名の作者が小さな対話の場を開き、自身の作品を手に、どうやって作品が生まれたかやこれまでの経験について語ります。作者ひとりに対話者は5人。今を生きる作者の思いに触れてみませんか?。
※イベント参加者様にはオリジナル手ぬぐいをプレゼント! ! 

開催日:8月19日(日)11:15 - 13:45(参加無料) 

第1部 11:15-11:30 作品紹介:大石晃裕 安間史織 諏訪希望
第2部 11:45-12:00 作品紹介:彦坂有紀 鈴木佑佳子 鈴木雅子
第3部 13:00-13:15 作品紹介:大石晃裕 安間史織 諏訪希望
第4部 13:30-13:45 作品紹介:彦坂有紀 鈴木佑佳子 友野可奈子


同じ期間に同じ会でoiai美術展もやっててこちらも面白いと思いますよ。

http://oiai.jugem.jp/

展示 comments(0) trackbacks(0)
zing!!!!!
 

またzineのイベントを行うことになりました!!!!888888

よく『誰でも簡単に作ることができる小冊子がzine』と大雑把な説明があります。
確かに誰にでも簡単にできます。でも、実行する人は限られているし、zineを知って楽しんでいる人もまだまだ少ないのではないかと思います。

今回はその説明を実際にカギヤで実験的に行ってみましょう!というものです。


『ZING』
ーーーーーーーーーーーーー


●アーティスト=参加者
●バインダー=お客さん

の2つでなりたつ今回のzine展
予測不可能なzineができることを企画の私と、マッスルNTTのアサさんが実験を観察するようにみなさんの参加をお待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーー


内容は「アーティスト(参加者)にzineになるための「素」を提出してもらい、Binder(お客さん)に素と材(紙)を使ってその場でzineを制作してもらう!」

というもの。
zineのイベントは zineを作る人が、「イベントや展示で販売、物々交換、展示する」などが一般的に行われています。でもzineって誰でも簡単にきっかけがあれば作ることができるんです。ちゃちゃっと。

そんな「誰でも簡単に」を期間限定で行います。
今回の「zing」は「zine」の新たな可能性を広げてくれるのでは?と思っておもります。

詳しくはこちらをご覧下さい↓

***********************

『ZING』

日:5月19日(土)〜27日(日) ☆水曜休み

時:11:00~18:00 ☆金曜日は20:00迄

場:浜松市中区田町229−13 カギヤハウス2F

金:1回500円

「ZING」
この展示では来場者(BINDERバインダー)がZINEを作ります。
綴じられたZINEではなく、未完成な様々な作家の世界(素)を
来場者(BINDERバインダー)が「材」と組み合わせてZINEを完成させます。

ZINEとは…
L.A.発祥の絵、詩、写真などの自由な表現を行う自主出版の冊子ARTです。
日本でも広く知られ様々な場所でZINE展が開かれています。
浜松でも昨年「ジニャットガギャ展」が開催されました。

受動的な鑑賞ではなく、能動的に鑑賞を楽しむ。
あなたなりのZINEを作りに来て下さい。
お待ちしております!

****************************

展示 comments(0) trackbacks(0)
terminal of books / ZINE PLACE
こんにちは。

最近浜松市は鈴木康広展でにぎわってます。
知り合いの子たちがこの展示の中核になって動いているようで、私もほんの少しだけお手伝いに行きました。
その時鈴木さんもいて、ボーダーの服を着てました。
何着持ってるのか気になります。他にどんな服を着るのかも・・・着るとしたら無地かな。。。

で、で、で、こちらも合わせぜひ!


11月3日から13日まで浜松鴨江別館 こどもアートスタジオ主催のterminal of books 開催中です!!

terminal of booksとは・・・

「ターミナルオブブックス」は、「本」そのものを、人、世代、文化,体験、時間などと交換する「メディア(媒介)」として捉え、町全体を巻き込んだ[本に出会う場所づくり]の実験的なワークショップです。今年のテーマは「homage(オマージュ) to 2011・ほん を よむ」2011年以降を「あきらめない」ように。私の本の読み方とあなたの本の読み方を交換してみたいと思います。(チラシ参照)

ーーーーーーーーーーーーーー

会場にはたくさんの人の本がズラッとなんか楽しげに置かれています。
本をあまり読まない私ですが、各テーマ事に分類されたそれぞれの本に挟まれた持ち主のその本への感想みたいな分を読むことが出来です。

本のもう1つの顔をみるというか、また別の世界が広がるような気がします。

また、期間中にさまざまなワークショップも行われます。

私は今回の展示でZINEブースを授けさせてもらうことになりました。
というのも、今年8月にカギヤハウスで行ったジニャットがギャ展がきっかけです。


やります!とは言ったものの、募集期間が短かったり、私の行動がのろかったりして、前回のように参加人数は少ないものの、前回参加者含め、参加者は全部で14名(たしか・・・)のzineが並んでます。

期間:11月3日(木)〜13日(日)

時間:
11/3(木):10:00~20:00
11/4(金):10:00~21:00
11/5(土):10:00~21:00
11/6(日):10:00~18:00
11/7(月):休館
11/8(火):10:00~18:00
11/9(水):10:00~18:00
11/10(木):10:00~18:00
11/11(金):10:00~21:00
11/12(土):10:00~21:00
11/13(日):10:00~15:00

私も「パフェ」というのを出してます。おこしになった際にはぜひご覧下さい。
私は火、木、土以外はいる予定なので、ぜひぜひ!

ちなみに今週の展示場所は1階ロビーでした。
来週からは2階へ移動です。

昨日のこどもショップ
こっちがzine place
 
前回1番人気のmikami naokoさんのzine マッチは今回もう完売してしまいましたが、
新しい濃密なzineが届きました!ご覧あれ。

ジニャットで使用した青いテーブルをお伴に・・・

おまけの一枚 というか、感慨深かった光景・・・
オンナノコって小さい時から女らしくて、フワフワしてて、ペタペタくっついて、、、
それにたいして何の疑いもせずというか、(自分も何も疑ってこなかったけど)
人間って不思議ね。

ということでぜひのお越しを〜





展示 comments(0) trackbacks(0)
ジニャットガギャの様子
ジニャットガギャ展終わりました。

全部で30冊のzineが集まって、企画した私はとても楽しかったです。

 
今話題の 山本美希さんの「爆弾とりぼんも」「sunny sunny Ann!」も置いてあったり。


自分の絵も展示してみたり。




参加してくれたみなさん、素敵なzineをありがとうございました。
来てくださったみなさんもありがとうざごいました。

展示 comments(0) trackbacks(0)
open art class終了
8月にカギヤハウスで行われた open art classも幕を閉じました。

こういうグループ展に初めて参加したような気がする。




カギヤハウスの外観はこんな感じ

私は今回こんなの描きました。↓

「平日1」

「平日2」

アクリルと色鉛筆をつかって50cm×50cmの私にしては珍しくすこし大きいサイズです。
ちょっと新しい方向性が見えてきたので、今回展示のために新しく描いてみてよかった。




実演 炙りだしの技法を使ってのシルクスクリーン!


4Fの様子


最終日のトークイベントではたくさんの人と食べ物と作品に囲まれて終了しました。

来年8月にもまたopen art classはクリエート浜松で展示が決まっているのです。
来年もまたよろしくお願いします。

展示 comments(0) trackbacks(0)
展示のお知らせその2

展示のお知らせその2 (右のDM)

タイトル:OPEN ART CLASS in KGAGIYA HOUSE

期間  :8月16日〜21日 

時間  :11:00~19:00/8月19日・21日は17:00まで

場所  :カギヤハウス (浜松市中区田町229-13) 
     ゆりの木通り招き猫の隣のレトロビル  http://kagiyahouse.jugem.jp/

イベント:8月21日 15:00~16:30 作家によるトークイベントがあります。

DMから抜粋文  :本展は浜松にゆかりのある若手作家12人による美術作品展です。作家はなぜ作品をつくり、なぜ人に伝えるのでしょうか。浜松に新しく生まれた小さなギャラリーで作家自身の言葉とともに一緒に考えてみませんか。皆様のご来場をお待ちしております。

主催:EMAU(遠州三河美術組合) http://open-art-class.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このDMを作ってくれたのはEMAUのメンバーの鈴木まさこさんです。人のイラストは私描きました。
こうやって 自分の絵を使ってくれるのとても嬉しいです。
あと、学芸の先輩たちとこうしてまた繋がれたのも、浜松に帰って来て、不思議な環境に入っていったからだなーと思うわけです。

良くも悪くも11月からの1年間は濃いーーーーーーーーです。

話がそれてますが、こちらもお楽しみに〜。


展示 comments(2) trackbacks(0)
『6メール6 ~対話でうまれた作品展~ 』今日からです


暑いです。8月!負けない!!!
展示のお知らせです。

わたし今月展示ラッシュです。

◉ 6メール6展
◉ マッキー
◉ open art class
◉ ジニャット・ガギャ展

の4つの展示に関わっています。

今回は写真左のDM
『6メール6展』のお知らせです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉6メール6 〜対話でうまれた作品展〜
 
私の卒業した浜松学芸高校日本画専攻の有志6人と、浜松学芸高校美術造形科 OB・OGで組まれたEMAU(遠州三河美術組合)若手作家6人による合同作品展です。

知り合って間もない12人の作家は世代を超えてお互いを知り合うために対話をすることからこの企画は始まりました。
展示では対話の軸跡を作品とともに展示しています。

期間: 2011年8月3日(水)〜8月14日(日)

時刻: 11:00~19:00
    最終日は17:00迄
    8月8日(月)休館

会場: はままつ・あーとらぼ鴨江別館
    浜松市中区鴨江町1番地 101の部屋

イベント:
●オープニングパーティ:8月3日(水)18:00~19:30
●トークイベント:8月14日(日)15:00〜


鴨江別館のブログ:http://d.hatena.ne.jp/kamoeartlove/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はイラストを一点だけ展示しています。
ペアになった鈴木瑠衣さんとメールのを通し(一度だけ直接会って)、制作することや、高校生の時の話、大学受験のこと、大学生活、今のこと今後のことなどなど話をしました。

考えることが苦手て、考えても誰かに声に出していう機会はあまりないので、今回の展示はいい時間でした。しかも記録に残って、それも展示されているという・・・
頭がよろしくないので、自分がアホなことを公表してしまった展示なのですが・・・
きちんと相手と自分とも向き合って考えた今回の展示です。いかんせん文章がね。。。

うーーんと。 
作品だけではないプラスαの展示をお楽しみください。

展示 comments(1) trackbacks(0)
| 1/3 | >>