かいたり とったり つくったり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
線について


この前京都へ行った時に知り合いよく知るギャラリーの方を紹介してもらって、絵を見てもらった。

そのギャラリーは、現代美術の作品を多く取り扱っているところで、私の絵を展示してもらえるはずはなく、、、私も自分の絵がここに展示されるのは違うだろうと思っていたので、場違いな私の作品を見てもらえただけでも嬉しい限りだった。
見ていただいたばかりではなく、関西のギャラリー事情とか、ましては関東のギャラリーのことなども教えていただけてとても親切な方だった。

絵についても、アドバイスをもらった。

「もうちょっと自分の線がでるといいわね」

そうそう。それ3年くらい前も編集者の人に言われたなーと思った。

ってことは、私はまだ3年経っても自分の線を探せずにいるってことだな。

と瞬時に悟る。でもたしかに。描いてる量が半端なく少ない。
だからあたりまえだろ!と自分に活をいれる。3年間何してたんだろうか。

今月号のポパイの表紙が安西水丸さんで、そりゃ最高に素敵なイラストレーション。
すぐに手が伸びて、すぐに安西さんってわかる。
独特の安西さんの線とか、空間、物とか、全部安西さんのもので、他にはない強いものがある。いろいろな人の絵を私は浜松だから、雑誌とか装幀でしか見てないけど、もっと、原画を観に行くべきなんだろう。

一瞬で伝える、訴える力を持っているのがイラストレーションだろうから、自分のイラストはまだまだイラストや絵どまりで、あまあまだなーと。

アップした絵なんて、まさにどっちつかずな、瞑想している線の絵。


あと最後に、
本当に久しぶりに、ギャラリーの人に絵を見て貰った。
とても新鮮。

人に見て貰わないと、どんどん、ダメになっていくなー と思った。

ここにいてもいいけど、いろんな人の目に触れるようにしなくちゃいかんと。そう思った。

プロの人たちの目に
いろんなものをちゃんと見ている人たちの目とか。


京都出稼ぎはかなりの収穫でした 。
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://canaco-nomoto.jugem.jp/trackback/160
<< NEW | TOP | OLD>>